クレーンゲームの景品の金額と景品表示法における規制についてです。
ufo_catcher
・景品表示法とは
景品表示法は、正式には不当景品類及び不当表示防止法といいます。
商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを目的としています。

・景表法における景品類の定義とは
不当景品類及び不当表示防止法第2条第3項

この法律で「景品類」とは、顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引(不動産に関する取引を含む。以下同じ。)に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、内閣総理大臣が指定するものをいう。

内閣総理大臣は上記の規定に基づいて「不当景品類及び 不当表示防止法第2条の 規定により景品類及び表示を指定する件」において以下のとおり指定しています。
不当景品類及び 不当表示防止法第2条の 規定により景品類及び表示を指定する件第1条第1項

1 不当景品類及び不当表示防止法(以下「法」という。)第二条第三項に規定する景品類とは、顧客を誘引するための手段として、方法のいかんを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引に附随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、次に掲げるものをいう。ただし,正常な商慣習に照らして値引又はアフターサービスと認められる経済上の利益及び正常な商慣習に照らして当該取引に係る商品又は役務に附属すると認められる経済上の利益は、含まない。

一 物品及び土地、建物その他の工作物
二 金銭、金券、預金証書、当せん金附証票及び公社債、株券、商品券その他の有価証券
三 きよう応(映画,演劇,スポーツ、旅行その他の催物等への招待又は優待を含む。)
四 便益、労務その他の役務

・クレーンゲームの景品は景表法に定義する「景品(類)」にあてはまるのか?
ポイントはクレーンゲームの景品が

顧客を誘引するための手段として
事業者が自己の供給する商品又は役務の取引に附随して
相手方に提供する物品、経済上の利益

であるかどうかです。
「自己の供給する商品又は役務の取引に付随して」とは:自社の商品を購入した人やサービスを利用した人に対してという意味です。
(商品の販売、購入というメインの取引があり、それに付随して景品が提供される)
クレーンゲームの景品提供については客に「クレーンゲームをプレイさせる(景品を狙ってアームで釣り上げるなどして穫らせる)」行為そのものが取引となっています(何かの取引に付随して提供されるものではない)のでクレーンゲームの景品は景表法に定義する「景品」に当てはまりません。
よってクレーンゲームによる景品提供は景表法による規制は受けません。


・一般懸賞について(2017/12/26追記)
ゲームセンターの景品規制はこの一般懸賞に当たるのではないかとよく言われます。
上記で説明したとおり景表法における景品類の定義は以下です。

顧客を誘引するための手段として
事業者が自己の供給する商品又は役務の取引に附随して
相手方に提供する物品、経済上の利益

この景品の定義に当てはまり、かつ提供方法が以下の場合、一般懸賞に該当し、景品金額が規制されます。
不当景品類及び不当表示防止法第2条の規定により景品類及び表示を指定する件(告示)

懸賞による景品類の提供に関する事項の制限
1 この告示において「懸賞」とは、次に掲げる方法によつて景品類の提供の相手方又は提供する景品類の価額を定めることをいう。

一 くじその他偶然性を利用して定める方法
二 特定の行為の優劣又は正誤によつて定める方法
つまり
一般懸賞とは「顧客を誘引するための手段として事業者が自己の供給する商品又は役務の取引に附随して相手方に景品をくじその他偶然性を利用し、または特定の行為の優劣又は正誤によつて定める方法 により物品や経済上の利益を相手に提供すること」です。

簡単に言うと「商品・サービスの利用者に対し、くじ等の偶然性、特定行為の優劣等によって景品類を提供することです。
同じ説明も繰り返しになりますが、クレーンゲームでの物品(景品)提供は何かの取引に付随しているとはいえません。


クレーンゲームをプレイすることが取引でそれに付随して景品が獲得できるのではないかという疑問について
それだと提供方法が一般懸賞の定義に当てはまらなくなります。
クレーンゲームの利用者に対しくじ等の偶然性、特定行為の優劣等によって景品類を提供しなければいけないことになります。」
クレーンゲームの利用(遊戯)自体が特定行為の優劣等となりえるので成り立ちません。
(そもそも
特定行為の優劣等にクレーンゲームが当てはまらないかもしれません。

・景表法の規制を受ける場合(参考)
クレーンゲームでの景品提供自体は景表法の規制は受けませんが、クレーンゲームで景品提供するという取引に付随してまた別の景品を提供すれば景表法の規制を受けることとなります。
※規制されるのはクレーンゲームで提供する景品ではなく、クレーンゲームで景品提供するという取引に付随して提供する景品です。
例)
■クレーンゲームの景品を獲得したお客さんに対してくじをひいてもらい、くじの結果に応じて景品を提供する場合。
※くじで提供する景品のみが景表法で規制されます。
■クレーンゲームで一定金額プレイしたお客さんに対して景品Aを提供する場合。など
※提供する景品Aのみが景表法で規制されます。

今回の記事テーマは景品の金額と景表法についてですので表示については触れていませんが、ゲームセンターが果汁0%のジュースを果汁100%とラベルを張り替えて偽って景品に使用したら景表法の不当表示に当たる可能性はあります。

・クレーンゲームでの景品提供(景品金額)は景表法の規制を受けない
景品と聞くと景表法をなんとなくイメージしてしまいそうですし、実際に景表法と結びつけて考えてしまっている方もいました。
ただし、景表法の規制は受けませんが風営法においては規制されています。
(一応ここではクレーンゲームで提供される物品を「景品」と書いていますが、風営法においては「賞品」といいます。)
基本的にはクレーンゲーム運営の際は風営法だけ気をつけていればいいかなと思います。

参考:http://www.caa.go.jp/representation/pdf/141210premiums_1.pdf
不当景品類及び不当表示防止法(2017/10/12)
参考:http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_6.pdf
不当景品類及び 不当表示防止法第2条の 規定により景品類及び表示を指定する件(2017/10/12)
参考:http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_8.pdf
懸賞による景品類の提供に関する事項の制限(2017/10/12)
参考:http://www.caa.go.jp/representation/pdf/120702premiums_1.pdf
「懸賞による景品類の提供に関する事項の制限」の運用基準(2017/10/12)
参考:http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_160801_0001.pdf
「事例でわかる景品表示法 不当景品類及び不当表示防止法ガイドブック」(2017/12/26)

景品表示法〔第5版〕
大元 慎二
商事法務
2017-04-12