全国のゲームセンターから射的ゲーム機が一斉に撤去され始めています。
何があったのでしょうか?
omatsuri_syateki
「ファンタジーバンバン」という射的ゲーム機が全国のゲームセンターから一斉に撤去や稼働停止され始めました。
s-2948865109_dJSAHwrn_fbd00f9347d3b6f97b2786f3536d82825e039814

s-2948865109_aMhOPsVk_fa6d5a823f2f709ea74eac2509386c89fd6e00ad

2017/12/16追記:一部の大手ゲームセンター運営会社は撤去しない方針のようです。
数店舗で設置確認しました。
一旦稼働停止にしてしばらくして稼働再開したようです。

2018/1/29追記:業者との契約等によって多少変わりますが、本体価格148万円です。

射的ゲーム機「ファンタジーバンバン」の遊び方

この射的ゲーム機の基本的な遊ぶ手順は
  1. 現金(硬貨)を投入して弾をかりる
  2. 弾を銃に込めて打つ
  3. 土台が倒れる(景品が落ちる)と景品ゲット

という流れです

一般の縁日などでの射的と違う点は
  • 支払い、弾貸しが自動化されている
  • 景品の位置(景品をのせている台)が移動する
  • 景品代の土台の支えを狙う→台が傾いて景品が落ちる
  • 獲得景品が足元の景品取り出し口に落ちる
大きくこの4点です。

基本的には法律上は射的ゲーム機(ファンタジーバンバン)と縁日の射的も同じものとして区分(解釈)されるようです。
(景品が獲得できない単なるゲームとしての射的やスポーツとしてのアーチェリー、弓等は除く)

book_law_roppouzensyo

風営法による射的の規制(営業許可)

射的、輪投げその他これに類する遊技を客に行わせる営業は風俗第4号営業の許可が必要になります。
4号はパチンコ屋と同じ営業許可になります。
風俗第4号営業というのは
「まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業」
(風営法第2条第1項第4号)
と定義されており、この「その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある営業」に射的が含まれています。
ほかにも麻雀、輪投げ、ルーレット、フリッパーゲーム(ピンボール)が含まれます。
これらは遊戯の結果に応じて賞品(景品)を提供することで射幸心をそそるおそれがあるため4号営業となっています。

2018年5/18追記:射的の4号扱いについて「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則 第36条第2項第1号(賞品の提供方法)」や「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 第十九条(遊技機の規制及び認定等)」なども参照。

※参加費無料のイベントとして開催する場合は営業に当たらないので風営法の許可は不要です。

風営法によるゲームセンターの規制(営業許可)

一方、一部を除くゲームセンターは風俗第5号営業の許可をとっています。
風俗第5号営業というのは
「スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)」
(風営法第2条第1項第5号)
と定義されています。

射的とゲームセンターの営業許可

つまり
  • 射的を客に行わせる営業は風俗第4号営業の許可が必要
  • ゲームセンターとして営業するには風俗第5号営業の許可が必要。
  • (ただし、ショピングセンター等のゲームコーナなどは特定の条件を満たせば許可が不要の場合があります。)
風俗第5号営業のゲームセンターや許可申請不要のゲームコーナーでは射的ゲーム機の設置は風俗第4号営業の許可が必要であったが、その許可を取得しないまま射的ゲーム機を設置し、違法な状態であることが分かったため、撤去されたということです。
(風俗第4号営業の許可を取っている遊戯施設は設置していても問題ありません。)

風俗第4号営業の許可を取得して射的ゲーム機を設置する方法もありますが、同時に5号と4号の営業許可を同一店舗で2つ得ることはできません。
もし風俗第4号営業の許可を取得したとしても未成年の立ち入りが規制(パチンコ屋と同じように立ち入り禁止)され、ゲームセンターとしての営業ができなくなるため撤去となりました。

なぜ今になって一斉に撤去されている?

とあるゲームセンター運営会社で射的ゲーム機の設置に関して警察の指導を受け、撤去しはじめたという情報が全国の他のゲームセンターに伝わっていき、一斉撤去となりました。
(この業界の悪いところは警察の摘発や指導を受けなければ違法でも設置し続けるところです。違法とわかっていても他社が設置している、摘発されていないという理由で設置し続けるところも少なからずいます。)

縁日の射的でもきちんと4号の営業許可をとっていたり、射的で直接景品を提供せずに射的で遊んだお客さんにくじ引きで景品を提供する(この場合、直接射的で景品を提供しないため、4号営業の許可が不要。くじ引きでの景品提供は風俗営業の許可は必要ありません。)などしています。
4号の営業が禁止されている地域では許可がおりませんし、無許可営業で摘発された事例もあるようです。
当然4号の営業は営業所内への未成年の立ち入りは制限されますが、縁日の場合は多少黙認されているところもあるようです。

今回の問題は射的の定義や法的規制等についてゲーム機販売会社、ゲームセンター運営者両者の認識不足から引き起こされたことであるといえます。
ただ、ゲームセンターのクレーンゲームのように景品の上限価格を設定(規制)したりして第5号営業で遊べるようになっても良いんじゃないかと個人的には思います。

2019/9/2追記:補足説明です。
Q. なぜ全国すべての店舗で摘発、撤去されないのか?
A. その地域の警察の解釈・判断によるから
直接景品ではなく土台をねらうのだから射的にはあたらない、もしくは射的においても景品の下に箱ガムなどを土台として置き、それを狙わせて景品を落とさせる営業があるので射的ゲーム機は射的にあたるなど、解釈が各地域の警察の中で別れていると思われます。

また、違反の場合の営業停止などの処分は裁判所による刑事処分ではなく、各地域の警察による行政処分となります。
風営法や風営法に関連した規則などでゲーム機の仕様については細かく規定されておらず、警察全体で統一された細かな基準などが無ければ、各地域の警察で判断が分かれます。

さらに、(いわいる10%ルールに則って営業している店舗は特に)風営法を遵守しているかどうかの警察による抜き打ち検査や査察などは一切行われないところも多いので、違法だけれども警察に摘発されていないだけの状態のところもあると思います。



風営適正化法ハンドブック〔第4版〕
風俗問題研究会
立花書房
2016-08-08