とある企業サイトが丸パクリしていました。
rect4138

盗用された当ブログの記事

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation【DOAXVV】でムフフなMODを入れてみる


no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

なんでこんなアダルトの内容の記事をパクってIT企業運営のサイトに載せたんでしょうかね?


盗用したウェブサイト(Apple Geek Labo)の記事

DOAXVVでMODを使用する!ダウンロード方法など紹介


no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

画像と文章を盗用されていたのですが、11月12日に画像が別の画像に差し替えられてしまいました。
文章の方は盗用された文章のまま変わっていません。


盗用したウェブサイトの記事のスクリーンショット

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

ライブドアブログの仕様で特殊なサイズの画像はぼやけてしまうようです。
クリックして画像のみを表示させると鮮明な画像が見られます。
※画像が差し替えられる前のウェブサイトのコピーです。

4
5
6

2ページ目

1
2

盗用された当ブログの画像について

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

1点だけ説明しますが、すべて同じ条件での盗用となります。


・パクられた当ブログの画像
掲載記事:【悲報】DOAXVV、2018/12/6に実施のアップデートでMODが使用不可能になる
g4200

・パクったサイトの画像のソースコード
<p style="text-align: center;"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/c/f/cff68b33.png" alt="悲報】DOAXVV、2018/12/6に実施のアップデートでMODが使用不可能になる : いろいろゲームズ情報局"></p>

◯「https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/c/f/cff68b33.png」は私がライブドアブログサービス内に保存した画像の場所を示しています。
ということは、パクったサイトのサーバー内に画像をコピー、保存して掲載しているのではなく、私がライブドアブログサービス内に保存している画像を直接参照して掲載しています。(いわゆる直リンク)

◯「alt=悲報】DOAXVV、2018/12/6に実施のアップデートでMODが使用不可能になる : いろいろゲームズ情報局」については、alt(属性)の後の文章は画像に付けられる説明文のようなものです。
パクられた私のオリジナルの画像の方ではaltによる説明文の記載はしていませんので、パクリサイトが丁寧にパクリ元を記載したということになります。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

なぜかいろいろゲームズ情報局のロゴが掲載されています。
どこのサイトからパクっているのかを隠す気がなさすぎて笑ってしまいますね。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

他の画像についてはいくつかわからないものがありますが、確認できたものに関して言うと公式サイトや個人がツイッターに投稿した画像であることがわかりました。


使用料支払いの請求、説明を求める通知を送ってみた

つきましては貴社に対して次の事項を請求致します。

1.当ブログ記事の文章、および画像の利用料金のお支払い。
・ブログ記事文章1点:計30,000円
記事1:http://iroirogames.blog.jp/archives/13350764.html
・画像6点(2020年11月11日までの利用):計42,000円(1点につき7,000円)
画像1:https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/c/f/cff68b33.png
画像2:https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/5/e/5e2ee871.jpg
画像3:https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/f/6/f6fe96b7-s.jpg
画像4:https://livedoor.sp.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/a/d/ad967252.png
画像5:https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/5/3/5381b709.jpg
画像6:https://livedoor.blogimg.jp/iroiro_games/imgs/3/0/3019b0da.png

7点合計:72,000円
※料金には無許可転載による損害賠償金を含みます。

2.当ブログ記事(文章及び画像ファイル)が私に対し一切の事前許可なく貴社ウェブサイトに転載された経緯についての貴社の説明。
no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

送った文章の一部です。
実際に送った通知文はパクられた箇所の指摘や損害を被った点についても記載しています。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

今は相手からの連絡待ちです。
進展があればまた記事でお伝えします。


2020/11/21追記

使用料支払いなし&薄っぺらい謝罪と記事削除ぐらいで手打ちかなと思っていましたが、通知から1週間以上たってもガン無視です。返信がありません。

グーグルへ通報してパクリ記事を検索結果から除外してもらうという方法があるのですが、通報者の実名が相手だけでなく第3者へも公開されてしまうようですので、泣く泣く通報しないという結論に至りました。

他にプロバイダ責任制限法に基づいてサーバー管理者に通報するという手があるようですが、画像を差し替えられたのがかなり痛いです。
文章はまるまるコピペではなく、他の複数のサイトからもパクって混ぜて文章の表現を若干変えているようです。
DOAXVVのMOD導入方法は1つしか無いので、他の方が自ら記事を書いても内容は似たようなものになるのでそれぞれの文章の表現などが重要となってきますが、その点で攻めにくいという状況です。
また、画像については差し替えられていなくとも、もともと直リンク形式でのパクリ(パクリサイトのサーバーに画像をコピーしているのではなく、私のブログのサーバーの画像を参照する形でパクっている。)ですので著作権侵害になるか微妙なところです。
(画像だけでは微妙ですが、文章とセットならいけたかもしれません。)

不法行為だと認定されないであろうギリギリのラインを嫌がらせのように攻められている感じです。
画像を差し替えられるという一部の証拠を隠滅されたうえ、こちらの通知に対して一切の返信がないという想定外の事態です。
世の中にこんな企業があるとは思ってもいませんでした。
「ITベンチャー企業」は聞こえのいい言葉ですが、所詮は倫理観のない中小IT企業だったってことですね。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

ガン無視は想定外でした。
これからの対応は検討中です。(検討中というか、手詰まりです。詳しい方、アドバイスください!!)


2020/12/28追記

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

Apple Geek Laboのトップページの新着記事がアダルトサイトの紹介記事ばかりになるなど、 質の低いサイトになりつつあるのと、盗用された情報は古くなったため価値が薄れてしまいました。
もう対応するメリットが薄れたので放置することにしました。