ゲームセンターのクレーンゲームにはぬいぐるみやフィギュア、お菓子や日用品まで様々あります。
法律では景品の種類や金額についてどのように定められているのでしょうか。
法律の条文を見ながら説明していきます。
ufo_catcherbook_law_roppouzensyo

・はじめに
景品の提供方法についてではなく、風営法でゲームセンターが提供することができる
景品の種類や金額について見ていきます。
風俗第5号営業の許可をとっているゲームセンターは風営法の規制を受けますが、そうでない場合は以下の規制は受けない場合があります。
ここでの「ゲームセンター」は「風俗第5号営業の許可をとっているゲームセンター」をさします。

・景品と賞品

法律上は”景品”ではなく”賞品”です。”景品”は法律的には間違った用語となりますが、
一般的には”景品”と皆さん認識していますので、ここでの説明では”景品”を使います。
法律の条文の抜粋は改変せずにそのまま載せるので”賞品”と表記します。

・風営法

正式には”風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律”です。
総務省法令データ提供システムにおいて条文を見ることができます。

・ゲームセンターの風俗営業の定義(参考)
【風営法】では
第2条1項5号
スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)
これがゲームセンターに当てはまります。風俗第5号営業と呼ばれます。

・パチンコ屋の風俗営業の定義(参考)
【風営法】では
第2条1項4号
まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
パチンコ屋は風俗第4号営業と呼ばれています。

・風営法での景品提供について
【風営法】では
第二十三条  
第二条第一項第四号の営業(ぱちんこ屋その他政令で定めるものに限る。)を営む者は、前条第一項の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。
一 現金又は有価証券を賞品として提供すること。
二 客に提供した賞品を買い取ること。
三 遊技の用に供する玉、メダルその他これらに類する物(次号において「遊技球等」という。)を客に営業所外に持ち出させること。
四 遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること。
2 第二条第一項第四号のまあじやん屋又は同項第五号の営業を営む者は、前条第一項の規定によるほか、その営業に関し、遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。
3  第一項第三号及び第四号の規定は、第二条第一項第五号の営業を営む者について準用する。
パチンコ店もゲームセンターも
遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。
とあります。実際は景品を提供していますよね?法律違反ではないでしょうか?

風営法施行規則

正式には”風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則です。
こちらも総務省法令データ提供システムにおいて条文を見ることができます。


風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律及び風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令の規定に基づき、並びに同法 を実施するため、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則を定めたものです。
簡単に言うと風営法を更に細かく説明したものでしょうか。
パチンコ屋での景品の取扱について詳しく定められています。

・パチンコ屋で提供してはいけない景品とは(参考)
風営法施行規則や後述の風営法の解釈運用基準について(警察庁の通達)では
細かく景品の取扱について定められています。
第23条第2項の遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。とは、
風営法施行規則風営法の解釈運用基準に違反している景品を提供してはいけないということです。

・風営法の解釈運用基準について
”風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準”という
風営法の解釈について定めたものがあります。
ゲームセンターの景品の取扱について定められています。
↓PDFファイルが開きます
https://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/hoan/hoan20150624-2.pdf

第15 9 遊技場営業者の禁止行為
(3) 遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備により客に遊技をさせる営業を営む者は、その営業に関し、クレーンで釣り上げるなどした物品で小売価格がおおむね800円以下のものを提供する場合については法第23条第2項に規定する「遊技の結果に応じて賞品を提供」することには当たらないものとして取り扱うこととする。

・ゲームセンターのクレーンゲームで提供できる景品とは
風営法だけ見ると景品提供自体だめじゃないのかと思ってしまいますが、
風営法解釈基準において「小売価格で800円以下のもの」です。
提供方法は遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備(クレーンゲーム機)などにより提供できます。
現金や有価証券は提供できませんが、種類については細かく定められているわけではありません。
(提供してはいけない景品の種類については業界団体のルールでは定められています。)
(また、他の法令に違反する景品は当然提供することはできません。タバコ、刀剣など )

クレーンゲームの景品は全部800円以下です。
大きいぬいぐるみやアニメキャラのフィギュアなんかもすべてゲームセンターは800円以下で仕入れています。

・生き物を景品として使用してもいいの?
風営法としては生き物を景品として使用することを禁止していませんが、動物愛護法においては哺乳類の販売規制がされていますので、ハムスター等を景品として使用すると法令違反となる可能性があります。

業界団体のルールでは動物愛護の精神に反する動物は入れてはいけないとされていますが、定義があいまいでなんとも言えません。

動物愛護法の点においては、飼育がきちんとされているならば動物を虐待しているとは言えず、法令違反とならない場合があります。
魚類、昆虫についてはそもそも動物愛護法で保護されている対象ではないので、極端にいうと何をしても問題ありません。

過去にはサブマリンキャッチャーという魚介類用の水槽を備えたクレーンゲーム機があったり、(現在も一部店舗で稼働しているかもしれません。)ハムスターを景品にしたゲーセンが大炎上したりしました。

法的には問題なくても倫理的に問題となる場合があります。

出典:
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO122.html
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(2017/6/12)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S60/S60F30301000001.html
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則(2017/6/12)

https://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/hoan/hoan20150624-2.pdf
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準について(2017/6/12)

風営適正化法ハンドブック〔第4版〕
風俗問題研究会
立花書房
2016-08-08





風俗営業法判例集
大塚 尚
立花書房
2016-05