マウスのクリックや移動を自動化する事が可能になるツールをつかってみました。
詳しい解説は省いた簡単な短い記事です。
machine_jidou_seisan_line

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

以前、記事を書いた「まくろに」というツールとは別のツールです。


はじめに

まくろにとは違って、自分で予め用意されたコマンドを用いて自分でスクリプトを組んでいく形になります。
ただし、スクリプトの基礎を理解するのには数時間かかると思います。
no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

AHKは操作自動化機能(マウスのクリックや移動を自動化する機能)以外にもたくさんの機能があります。


no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

通常のマクロツールはいくつかのパターンの中から選んで組み合わせる形となります。
設定が簡単というメリットがありますが、パターンが少ないデメリットがあります
一方、AHKは自分でコマンドを組み合わせて自由に好きなように組めると言うのが最大のメリットです。

インストール

https://www.autohotkey.com/

こちらから最新版をダウンロードしてインストーラーを起動し、「Expless Installation」を選択してインストールします。

使い方

こちらのサイトが参考になるかと思います。
http://ahkwiki.net/Top

私が作ったもの(例)

テンキーの1を押すと指定した座標範囲(740,760)(530,550)内のどこかへランダムにマウスカーソルが移動します。
このときのマウスの移動スピードは(10,30)の間のランダムなスピードになります。

テンキー2を押すともう一つ指定した座標へマウスカーソルが移動します。
  1. Random(min,max) {
  2. Random, out, %min%, %max%
  3. return out
  4. }
  5. 1::
  6. CoordMode,Mouse,Screen
  7. MouseMove, % Random(740,760), % Random(530,550), % Random(10,30),
  8. Return
  9. 2::
  10. CoordMode,Mouse,Screen
  11. MouseMove, % Random(530,550), % Random(470,490), % Random(10,30),
  12. Return

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

MouseMoveをMouseClickに変えると自動でクリックしますし、さらにLoopを使えば1と2を押さなくても自動で2つの座標間を交互にクリックさせることも可能です。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

適当なキーに左クリックを当てはめれば1~3のキーをつかって半自動で動作させることができます。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

ゲームの自動化に使えるかと思いますが、結構使えないゲームが多く、とくに マクロ対策されているゲームではおそらく99%動かないと思います。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

マクロ検知にもおそらくひっかかるので、マクロが禁止されているゲームでの使用はおすすめしません。 アカウント停止になります。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

どのゲームで動くのか試していたら、マクロ検知に見事に引っかかってアカウント停止になりました。