色調補正などのエフェクトをかけるRESHADEを使って撮影してみました。
logo

導入方法

導入方法の紹介記事:【DOAXVV】RESHADE(Version 4.4.2)を導入してみた

比較画像

RESHADEを有効にしたときと無効にしたときの比較画像です。
サムネイルは画像サイズが圧縮されています。
クリックすると元のサイズの画像が見られます。

image4144

image4180

image4219

image4240


no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

RESHADEの設定は配布されているDOAXVV.iniをそのまま使用しています。


撮影画像

適当に何枚か撮ってみました。

DOAX_VV 2019-11-26 08-47-37

DOAX_VV 2019-11-26 08-48-45

DOAX_VV 2019-11-26 08-49-36

DOAX_VV 2019-11-26 08-50-01

DOAX_VV 2019-11-26 08-55-09

DOAX_VV 2019-11-26 08-55-35

DOAX_VV 2019-11-26 08-56-34

DOAX_VV 2019-11-26 08-56-54

DOAX_VV 2019-11-26 09-07-05

DOAX_VV 2019-11-26 09-17-15

DOAX_VV 2019-11-26 09-18-54

DOAX_VV 2019-11-26 09-20-35

DOAX_VV 2019-11-26 09-21-44


no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

明るいビーチとかだと少しエフェクトの効きが弱く見えるかもしれません。
数パターンの設定を作って使い分けるのがいいですね。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

PCのスペックによっては、やはり動作が重くなるようです。
重い場合は普段はオフにして撮影モードに入って砂時計で時間を止めてから設定や撮影を行ってください。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

わかりやすいようにエフェクトが少し強めの設定を使用していますが、もっとオリジナルに近い設定も自分で作れます。