色調補正などのエフェクトをかけるやつです。
2019年11月6日に最新バージョンのRESHADE(Version 4.4.2)がリリースされましたので導入方法を紹介します。
logo
2019/12/1追記:MXAO(影のエフェクト)の表示がおかしくなる場合、HOMEキーでRESHADEのメニュー画面を開いて一番上の「DX11」のタブを選択してください。

「Copy depth buffers before clear operation」にチェックが入っていたら外してください。
さらに「Use aspect ratio heuritics」にチェックを入れてください。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

デフォルトで上記の状態になっている場合もあります。



no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

以前紹介した旧バージョンとは導入方法が異なりますので、新しく記事を作りました。


導入におけるデメリット

  • ゲーム内の撮影機能で撮影した画像にはエフェクトが適用されません。(RESHADEの機能を用いて撮影することでエフェクトが適用された画像を撮影できます。)
  • メニュー画面などにキャラクターの影が映る、メニューの一部がぼやける
  • エフェクトをかけすぎると処理が重くなる可能性があります。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

RESHADEの前のバージョンではゲーム内のお知らせの文章が真っ白になり表示されなくなる不具合がありましたが、今バージョンではそれが発生しません。


導入方法


no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

RESHADE前バージョンはDOAXVV用のものが配布されていましたが、今バージョンは自分で設定して導入しますので、手順が変わっています。


手順1:https://reshade.me/から「ReShade_Setup_4.4.2.exe」をダウンロード

スクリーンショット (1012)

手順2:ReShade_Setup_4.4.2.exeを実行し、セットアップをする

  1. DOAXVVのゲームデータ(exeファイル)を選択、指定します。
  2. 「DOAX-VenusVacation」フォルダ内の「DOAX_VV.exe」を指定してください。
    (「DOAX-VenusVacation」フォルダはゲームのインストール時に指定した保存先にあります。)
    ※フォルダまでのパスに2バイト文字が含まれていると正しく認識しませんので注意してください
    (画像では「DOAX-VenusVacation」フォルダ内に新規フォルダをいくつか追加しています。)
    スクリーンショット (1008)

  3. レンダリングAPIの種類を指定
  4. 「Dirext3D 10/11/12」を選択してください。
    スクリーンショット (1009)

  5. 次の画面が表示されるので「はい」を選択
  6. スクリーンショット (1010)

  7. 「OK」を選択
  8. 選択後、セットアップが始まります。
    スクリーンショット (1011)

起動確認

ゲームを起動し、ランチャーの画面上部に画像のような黒背景に白色の文字で文章が表示されれば導入は成功です。
DOAX VenusVacation Launcher 2019_11_25 0_53_39

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

導入後の最初の起動は時間がかかるかもしれません。
私の場合は強制終了してもう一度起動し直しました。


使用する前の準備

  • スクリーンショットの保存先を作成してください。
  • (適当なフォルダがすでにあるならば新規作成は不要です。)

  • 設定用のファイルの保存先を作成してください。

  • 設定用のファイルの作成を行います
  • 「DOAX-VenusVacation」フォルダ内に「DefaultPreset.ini」が作成されましたので、これがべースの設定ファイルとなります。
    設定を作りたい個数分(パターン分)作成した設定用のファイルの保存先に保存してください。
    当然ですが同じ名前の複数のファイルを一つの保存先に保存できないのでDefaultPreset.iniの名前はそれぞれ違うものに変えてください。
※保存先のパス、変更したファイル名に2バイト文字は使用しないでください。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

スクショの保存先、設定データの保存先は「DOAX-VenusVacation」フォルダ内に作った方があとあと楽です。


基本設定を行う

ゲームを起動してキーボードの「Home」キーを押すとRESHADEの設定画面が現れます。
上部の「setteing」を選択してください。

項目:General

  • Overlay Key
  • 設定画面を表示するショートカットキーを指定(初期設定はHomeキー)

  • Effect Reload Key
  • エフェクトの設定ファイルを再読込するショートカットキーを指定

  • Effect Toggle Key
  • エフェクトの適用をON/OFFするショートカットキーを指定

  • Previous Preset Key
  • 前のエフェクトの設定ファイルを読込むショートカットキーを指定

  • Next Preset Key
  • 次のエフェクトの設定ファイルを読込むショートカットキーを指定
    (同一フォルダ内に保存された複数の設定ファイルを順番に読み込んでいくときに使用します。)
    おそらく「DOAX-VenusVacation」フォルダ内に設定ファイルを保存したときのみ働くようです。

  • Preset Transition
  • エフェクトを切り替えるときの切り替え時間
    単位はミリ秒(千分の一秒)

  • Input processing
  • 設定画面を表示中にゲーム画面でのマウスの選択をどうするかの設定です。

    Pass all input:全体で有効にする(設定画面の一部を除く)
    Block input when cursor is on overlay:設定画面上外のみで有効
    Block all input when overlay is visible:画面全体で無効

    たとえばPass all inputにするとRESHADEの設定画面上で左クリックするとゲーム画面を左クリックすることになります。
    RESHADEの設定画面では設定項目の選択のみ左クリックできます。
no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

Effect search pathとTexture search pathは初期設定のままで。


項目:Screenshots

  • Screen Key
  • 撮影を行うショートカットキーを選択。
    ゲーム内の撮影機能ではエフェクトが適用された画像は撮影できませんので、この機能を使用してください。
    UI(ボタンやアイコンなど)も撮影されてしまいますので、水着MOD導入済みであればマウスの戻るボタンでUIがすべて消えますので、消して撮影してください。

  • Screenshot Path
  • スクリーンショットの画像保存先を選択してください。

  • Screen Format
  • スクリーンショットをpngかbmpのどちらで保存するか選択してください。
    pngは圧縮されているのでファイルサイズは軽いですが、bmpより画質は落ちます。
    bmpは無圧縮で高画質ですが、ファイルサイズが大きくなります。
下の2項目のチェックは試してないので不明です。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

User Interfaceの項目は設定画面のデザインを変えるものです。
お好きなデザインで。


エフェクトをいじってみる

RESHADEの設定画面上部の「Home」を選択してください。
image10

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

上の画像の説明文の訂正です。

誤:選択するその設定項目
正:選択すると、その設定項目

ここの説明は長くなるので割愛。
自身でいじって試してみてください。


エフェクトをいじり方がわからない、面倒

https://www.loverslab.com/topic/111593-doaxvv-graphics-mod-doahdm-reshade/に古いバージョンのRESHADEとともに、すでに色々と設定されたiniファイルがあります。
「DOAXVV.ini」を設定用のファイルの保存先の保存してRESHADEで読み込んでください。
これをベースに調整するのが良いと思います。
(「DOAXVV.ini」以外は不要なので削除してください。)

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

RESHADEはDOAXVVだけではなく他の色々なゲームにも使えるものです。 他に色々な解説サイトがありますので、そちらも参考にしてください。


RESHADEを使用したときの画像

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

上から順に

  • DOAXVV.ini
  • RESHADEオフ
  • 私が作った設定
となっています。

サムネイルは画像が圧縮されていて非常にわかりにくいです。
画像をクリックすると元のサイズで表示されますので、その状態だとわかりやすいかと思います
DOAX_VV 2019-11-25 03-20-39
DOAX_VV 2019-11-25 03-20-24
DOAX_VV 2019-11-25 03-21-02


no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

RESHADE有効時にどれだけCPUメモリの使用率などが変化するのか確かめようとしたらRESHADEが有効にならなくなりました。
原因はタスクマネージャーの画面を常に手前に表示させる設定にしてDOAXVVを起動したことのようです。
なにか別のウィンドウをゲーム画面の手前に表示させるとRESHADEが働かなくなるようです。

また、起動時の真っ黒の画面(切替画面)が変な色調になったり、ゲーム内のお知らせの文章の上に影が表示されたりするのは仕様です。