仕様のまとめ、外観のレビューです。
thrustmaster-t-flight-hotas-4-jeu-war-thunder-ps

※私が購入したのは「Warthunder」というゲームの特典付きのT.Flight Hotas 4【並行輸入品】です。
1年半前の当時、Thrustmaster正規販売代理店のMSYなどが日本国内で販売していなかったため、並行輸入品をネット通販で購入しました。
2019/1/16発売のエースコンバット7 エディションと外観は同じです。
(エースコンバット7のゲームソフトは1/17発売)

2019/1/28追記:エースコンバット7 エディションと通常製品の違いについて

エースコンバット7 エディションはキーの割当や挙動がエースコンバット7に最適化されてカスタムされているようです。
(物理的なカスタムはロゴだけで、エースコンバット7に対応した最新のファームウェアが出荷時にインストールされています。)
通常製品版はファームウェアが最新でない場合、PCを利用してファームウェアのアップデートが必要ですので注意してください。

主な仕様

  • ソニーの公式ライセンス品
  • ジョイスティックの抵抗(重さ)を調整できる。
  • スロットルとジョイスティックを分離できる。
  • 別売りのラダーペダルを接続して使用することが可能。
  • 本体には重りが入っており、安定感がある。
  • 通常のボタンに加え、4軸スティック+ 連射トリガー 1 個 + 多方向ハットスイッチ +ロッカースイッチ+スロットル。
  • PS4用のボタン搭載(シェア、オプション、PS4ボタン)
  • スティックのひねり(回転)をロックできる。

操作(エースコンバットの場合)

004
ゲームによってはゲーム内設定により、ボタン操作は一部割当変更が可能かと思います。
エースコンバットはゲーム内設定でキーマッピングできないようです。
ゲーム内設定ではなく、コントローラの方でキーマッピングする機能も無いです。
※ターゲット変更ボタン:L3
ミサイル/武器発射ボタン:L1
※武器変更ボタン:R3
機関銃発射トリガー:R1
※加速+減速ボタン:□
※自動操縦ボタン:×
視点切り替えボタン:△
※フレアボタン:○
※レーダー/マップ切り替えボタン:R2
カメラ操作ボタン:L2

となります。
※印のついているボタンはカチカチ感があります。

外観画像

※クリックで拡大可能です。
thrustmaster-t-flight-hotas-4-jeu-war-thunder-ps (3)

thrustmaster-t-flight-hotas-4-jeu-war-thunder-ps (2)
71imzE-3yoL._SL1500_
71PJ3szoA6L._SL1500_
71popQ7ZWFL._SL1500_
81pX3QAfPpL._SL1500_

↓ここからが私の所有しているスティックを撮影した画像です。↓ 
P1090026
右奥にラダースティック接続用の端子があります。

P1090025

P1090024

P1090018

P1090017

P1090016

P1090020
底部です。画像下が手前部分です。
スティックとスロットルの接続コードは分離せずに一体にしておく場合、底部に収納できます。

P1090021
六角レンチが底部に取り付け付属しています。

P1090022
画像中央の六角ネジ2本でスティックとスロットルが固定されています。
分離させたいときはこのネジを外します。
画像が途切れていますが、左のギザギザ付きの丸いのはジョイスティックの重さ調節のツマミです。
これを回転させて重さ調節を行います。

簡易レビュー

ボタン数はエースコンバットやPS4ソフトであれば問題なく足りていますが、PC用のフライトシミュレーターなどをプレイする場合は足りないことがあります。
スティックとスロットルのケーブルが短いので、分離して椅子に座って両脇にそれぞれ置くような配置はできないです。
スロットルはやわらかめで、こちらは硬さの調節はできません。
人間工学設計だけあって握りやすく、ボタン配置も個人的には満足しています。
流石に本格的なスティックは3万円のものもあり、手が出せませんので入門編には最適な価格だと思います。
スティックを買うのは初めてですが、満足しています。

買う前に

◯公式サイトで説明書が閲覧できるので確認しておくことを推奨します。
https://support.thrustmaster.com/ja/product/tflighthotas4-ja/
User manual - T.Flight Hotas 4の右端のダウンロードボタンをクリックすると見られます。 ※PDF注意。多言語収録。日本語は130ページから

◯対応ゲームリスト(PS4)
Ace Combat 7™ : Skies Unknown
Air Missions: Hind
Air Conflicts: Secret Wars
Elite Dangerous
End Space
EVE: Valkyrie™
EVE: Valkyrie™
Starblood Arena™
Ultrawings
THE CREW™ 2
War Thunder

※2019年1月現在
説明書ダウンロードページのリンクから見られます。
(ゲームの設定→T.Flight Hotas 4 - PlayStation®4 Games list / Liste des jeux / Liste der spiele PS4™ PS4™)

購入時の注意

一部のネット通販などでは価格の安い並行輸入品のT.Flight Hotas 4が販売されています。
並行輸入品は故障時のメーカー保証が受けられるかわかりません。
メーカー保証などのサポートについては販売店に確認を取るか、販売ページにメーカー保証についての記載があるかどうかを確認したほうがいいです。
※並行輸入品=正規代理店ではない業者による輸入品です。
正規代理店による輸入品であれば問題ありません。

2019/1/1追記:ホリ製(定価 税込 ¥21,578)とこの記事で紹介しているスラストマスター製(定価 税込 ¥13,824)のフライトスティック

個人的には両方共価格に見合った性能だと思います。
値段が手頃で入門におすすめなのがスラストマスター製。
お値段、性能が本格的なのがホリ製という印象です。

ホリ製はメーカー在庫切れになってネット通販などではボッタクリ価格で売られる可能性が高いですが、スラストマスター製はまだ入手が容易かなと思います。

さらにスラストマスター製は並行輸入品(エースコンバットコラボではない)ならば1万円前後で購入できます。