1973年7月に稼働開始したセガ製「ポントロン」とタイトー製「エレポン」
この2機種が日本初のアーケードビデオゲームと言われています。
(画像はセガのポントロン)
02_cab_1973_pongtron

2機種とも1972年にアメリカの市場に登場し、大人気になったアタリ社製「PONG(ポン)」のいわいるコピー品となります。
2機種はほぼ同時期に登場したため、日本初のビデオゲームは「ポントロン」と「エレポン」と言われているようです。
遊び方はアタリ社のPONGと同じで、2人のプレーヤーがパドルを操作して画面上を行き交うボールを打ち合う対戦型の卓球ビデオゲームです。
ポントロンは1人プレイ用のサッカーゲーム機能を追加したポントロン2が後に発売されました。
参考:世界で初めてヒットしたアーケードビデオゲーム「PONG」

・セガ「ポントロン」
page1-694px-PongTron_DiscreteLogic_JP_Flyer.pdf

page2-694px-PongTron_DiscreteLogic_JP_Flyer.pdf

page3-694px-PongTron_DiscreteLogic_JP_Flyer.pdf

・タイトー「エレポン」

28145101

28145102


参考
https://sega-interactive.co.jp/special/history/title/pongtron1.html
セガアーケードゲームヒストリーより(2018/7/31)