アカウント停止を食らったプレイヤーが運営に対して批判、抗議などをしていたようです。
それに対して運営がコメントを発表する自体となりました。
※一連の流れを確認しましたが、大したことはないです。
maxresdefault

・全体の流れ
  • あるプレイヤーが悪質行為によりアカウント永久停止。
    →関連したプレイヤーもアカウント停止 。
  • フォーラムにおいて抗議や批判、論争になり混乱を招く 。
  • 辞任したはずのMGO2R管理人の1人が再び何故か現れ、上記について運営を批判 。
  • 運営トップがこの一連の騒動ついてのコメント発表をおこなう。

・運営の発表の内容
  • アカウント停止したプレイヤー対してチャンスを与えたが、そのプレイヤーがチャンスを放棄したため、アカウントは永久に停止する。
  • スタッフがサーバーを不適切に管理している。
  • 1人の管理人が一貫して管理することはない。(権限を不適切に使用することはない。)
  • 辞任したはずのMGO2R管理人の1人の管理者権限は完全に削除した。
  • 彼の指摘したことは一見有用で批判的ではあるが、間違いである。
  • MGO2Rはより良いものとなるよう成長しないと死んでしまう。

・フォーラムの論争とそれに対する運営の回答について
  • 過度に厳しいルールによってMGO2Rのプレイヤーが減り、その結果MGO2R自体が死ぬのではないか。
    (40人以上のメンバーがいるクランリーダーがアカウント停止になり、メンバーがバラバラに。多くのメンバーがMGO2Rをプレイするのをやめた。)
    →アカウント停止は単純な理由だけで行われません。過度に厳しい規制でもない。
    (相当ひどいことをしないと停止されない。)
  • TK(味方の殺害)はゲームの一部である。
    →気をつけていてもどうしてもTKしてしまうときもある。
    しかしTKの数だけという単純な理由だけでアカウント停止はしない。

・まとめ
  1. 悪質プレイヤーがアカウント停止をくらい、運営批判。
  2. やめたはずの元MGO2R管理人が登場し大荒れ。
  3. MGO2R管理人トップが声明発表。
・教訓
『あまりにもひどい悪質なプレイヤーはアカウント停止を食らう』

おわり